保育料・保育時間・注意事項など

保育料の決定


  1. 保育料は、入所するお子さんが属する世帯の前年分の所得税額によって決定します。(別紙「保育料表」を参照)
    ※祖父母と同居し、父母の収入が一定の基準(前年の年収が120万円、もしくは平均月収が10万円)に達しない場合は、祖父母の税額を合算して保育料を決定します。
  2. 延長保育を受ける場合は、別途、延長保育料が必要です。
    私立保育所は、それぞれ料金が異なりますので、直接お問合せください。
  3. 3歳以上の児童に主食を提供している保育所では、別途、主食費(米飯給食費)が必要です。
    私立保育所は、それぞれ料金が異なりますので、直接お問合せください。
  4. 保育料は、原則、口座振替で納付していただきます。
    入所内定後、所定の用紙を送付しますので、入所日までに金融機関で手続きをしてください。
  5. 保育料は、毎月月末(月末が土・日・祝日の場合は、翌日又は翌々日)が納付期限です。
    保育料が未納の場合は、督促状を送付します。その後も保育料を滞納された場合、 児童福祉法第56条の規定に基づき、滞納処分(預金・給与等の差押)を行う場合があります。

保育時間


  1. 通常の保育時間

    平日 午前8時30分~午後4時30分
    土曜 午前8時30分~正午
    保育時間は、原則として上記の時間となります。但し、就労等により保護者がこの時間の範囲で送迎できないと保育所で認められた場合は、保育所の開所時間(別紙「保育所及び実施事業一覧表」を参照)の範囲で延長します。

  2. 入所当初の保育時間(ならし期間)

    初めての日から長時間保育になりますとお子様にとっては心身ともに大きな負担になり、集団保育になれにくくなります。 こうした負担を軽くするために10日前後のならし期間を設けています。

  3. 延長保育

    各保育所にて、開所時間を超えた延長保育を行っています。
    利用をご希望の場合は、保育所入所内定後に申請書を提出していただく必要があります。詳しくは、入所前の面接時に内定先の保育所でご相談ください。
    * 各保育所で利用人数に制限がありますので、ご利用いただけない場合があります。
    * 時間内の送迎が困難な方は、「にしのみやしファミリーサポートセンター」にて送迎等の協力を受けられる場合があります(有料)。詳しくは、同事務局(電話:0798-39-1534)へ。

  4. 休 日

    国民の祝日に関する法律に定められた日、日曜日及び12月29日から1月3日

注意事項


  1. 入所申込み時等にご提出いただいた勤務証明書や診断書等は、保育所における保育時間の決定や入所要件の確認に必要のため、入所内定時に各保育所に送付します。あらかじめご了承ください。
  2. 申込内容(家族構成・勤務先・勤務時間・課税額など)に変更があった場合は、新制度認定課までご連絡ください。必要に応じて勤務証明書、税書類の提出を依頼します。
  3. 就労状況に変更があった場合は、入所選考の優先度(点数)が変わる可能性がありますので、勤務証明書をご提出ください。その際にお子様の保育状況(預け先)についてもご報告ください。
    (例)育休から復帰、内定先で就労を開始、新たに就労先が内定等
  4. 申込み後に市外に転出された場合、申込みは取下げとなります。一時的な住民票の異動である場合は、必ず新制度認定課にご連絡ください。
  5. 事情により市外の保育所への入所を希望される場合は、新制度認定課にご相談ください。ただし、申込み先の市町村の承諾がなければ入所できません。
  6. 「子ども子育て支援新制度」の施行に伴い、平成27年4月以降の入所申込手続き、入所資格及び保育料等が変更となります。詳細が決まりしだい、市政ニュースや市ホームページ等でお知らせいたします。
  7. その他、ご不明な点などがありましたら新制度認定課までお問い合わせください。電話(0798)35-3160